2016/06/23

すべての会社の 障がい者雇用率を4%にすれば、すべての障がい者が就労できる・・6月月例セミナー報告

 6月11日(土)黄金ネットワークの月例セミナーでした。講師に株式会社いなげやの特例子会社(株)いなげやウィング管理運営部長(兼)事業推進部長の石川誠さんをお招きしました。
 いなげやで人事部門を担当し11年前から現職。担当になった当時は障がい者イコール肢体不自由のイメージだったが、知的障がい者の雇用義務化以降は、都立特別支援学校から卒業生受け入れの打診が来るようになり、当時は学校側も手探りで就職先を探している状況だった。
 2002年から厚労省による精神障がい者のグループ就労モデル事業をスタートし、2010年に特例子会社いなげやウイング設立し、雇用率1.3%当時にすべての会社が障がい者を4%雇用すれば全ての障がい者が就労できる4%を目標にした。いなげやが発行している「チャレンジドガイドブック」によればグループ会社全体の雇用率はH26年時点で3.6%で274人。(民間企業の法定雇用率は2.0%)
 親会社のいなげやと関連会社2社、特例子会社いなげやウイング合計で雇用率を計算している。


 特例子会社は設立が目的ではなくスタート、手段にすぎない。雇用した障がい者は労働者として企業が評価する。まずは与えられた仕事に責任を持ち懸命にこなすことが大事。
 退職率は知的はほとんどない(3%)、精神障がいで6%で、本人の状態などどうにもならない事情で退職している。
 障がい者就労定着の秘訣は、就労を望む障がい者が企業風土や会社を知り、価値観や行動規範、社風を理解すること。当事者には、コミュニケーションの達人になる社会性が求められる。雇用する企業側も積極的な傾聴が非常に重要で、石川さん的には「あいづちのソナタ」ソ=「そうだな」ナ=「なるほど」タ=「確かに」を信条に仕事している。
 お話の中でご紹介いただいたケースでは、愛の手帳4度で早朝6時30分からの品出し業務につき商品の陳列も完璧で就労が継続しているケースや、本人が混乱し暴力などの問題行動から退職してしまったケースなどの紹介もあり、職場での実践を通じ、障がい者本人が誇りを持ち、職場の理解を得て仕事を続けている頼もしい姿の紹介や、障がいゆえにどうにもならない理由で退職してしまうケースの話から障がい者就労支援と継続の取組みと工夫を伺い、私たち障がい者家族にとっても障害特性の理解と社会参加の意義、職場での合理的配慮についての学びが多くちりばめられたお話でした。
 

2016/02/13

高校卒業後の障がい者支援はどうなっているのか?「障がい児・者支援セミナーこがねい」2月セミナーより

南風が吹いて季節外れの暖かさとなった2月13日(土)
黄金ネットワーク主催月例セミナーを開催しました。今回のテーマは「卒後」の準備について。
高校卒業後18歳になり、障がい「児」から障がい「者」となるわが子の進路は一体どうなるのか。小金井市自立支援課の堀池課長、高田係長。小金井市障害者福祉センターの吉岡センター長を講師に、この問題を参加者の皆さんとともに学ぶ企画。今回も全体では20名近い参加者が集まり、企画した私たちはホッと胸をなでおろしたのでした。

当事者家族は何をどうすればいいのかわからない

まずは高田係長より、障害者総合支援法により提供される福祉サービスの概要と手続きの流れについてのご説明です。
平成15年度に始まった支援費制度から始まり、現在の障害者総合支援法へ移行する中で、18歳未満の対象者を児童福祉法を根拠法へと整理しとことが現在の制度の大きな特徴なのです。それでは特別支援学校の高等部を卒業したらわが子は一体どうなるのか。卒業後の進路に対する不安もあり当事者家族は何をどうすればいいのかわからない状態なのです。
まずは制度のお勉強から。市が提供する福祉サービスを理解した上でサービスの支給決定、サービス利用までには一定の時間がかかるために高等部卒業前に必要な準備などについてご説明いただきました。

進路は家族で話し合う。わが子の個性の理解し尊重することが重要

吉岡所長には卒業後の進路、事業所選びの実際の流れと家族が考えておくべきことについてのお話。わが子を理解するということは他と比べることではなく、わが子の個性、発作やアレルギーなど医療面も含めた特性を理解することがキホン。そして様々な事業所の特徴を知り、わが子にあった事業所を見つけていくこと。何よりわが子が自分らしくいられることの大切さをお話しいただきました。

行政お任せでは切実なニーズも理解されない。当事者家族が地域に発信することが大事

お話を伺った後の質疑応答&意見交換タイムでは制度に関する質問の他に、市が障がい福祉拡充に向けて行っている地域自立支援協議会の取り組み、就労移行支援施設やグループホームなどの地域資源の絶対量が不足している問題。近年市内で増加している放課後等デイサービスなども含めた事業所間の連携が必要になってくること。当事者家族の日々の生活からくる切実なニーズの理解のためには当事者自らの発信が重要。質問するための勉強も必要かも、などの意見が活発に交わされたセミナーでした。
さて次回は・・・
日時:3月12日(土)14時〜16時
テーマ:障がい者のライフプラン(年金・成年後見・相続)
講師:馬場利明氏(税理士・社会保険労務士)
場所:貫井北町センター(生活室A・B)


2015/12/24

クリスマス会は続くよ来年も

12月13日に開催したクリスマス会は、今年が17回目。会場が確保できなかったり、インフルエンザの大流行があったり何度かの危機を乗り越え回数を重ねてきました。
当時は東京都の施設で、現在は社会福祉法人運柱社が運営する生活実習所に場所を移して以降は毎年この場所にお世話になっています。
当時ピノキオ幼児園に通う自分たちの子どもに楽しんでもらおうと始めたクリスマス会ですが、ウチの息子はもう20歳、今はピノキオから発展した児童発達支援センターきらりの利用者や、ここを卒園して就学した子どもたちと家族の皆さんが参加してくれるようになり、参加者は100人を超える規模になっています。


アトラクションも年々充実し、今年初めて学童保育に関わる皆さんならご存知マスター木村にオープニングアクトをお願いし、その後は大きな絵本の読み聞かせ、元ピノキオ幼児園保育士さんの手遊び歌、秋山さんちのお父さんバンドのクリスマスソングなど熱演していただきました。

毎年楽しみに来てくれるご家族もいて、参加した皆さんの「楽しかったー」の一言に準備の苦労は吹き飛びます。

アトラクションが一段落し、いよいよサンタクロースが会場の子どもたちに用意したプレゼントを配ることに。



やっぱりこの瞬間がクライマックス。今年は自前のサンタコスを用意したサンタ「2」も大活躍でした。
プレゼントの後は手作りクリスマスケーキを食べながらのおやつタイム。ピノキオ、きらりを卒業後、それぞれの進路に分かれて生活している皆さんが一堂に会する場所として、それぞれの近況や情報交換をする同窓会的な雰囲気になります。
楽しい時間もあっという間。最後は参加者全員で記念撮影。参加した子どもたちの生活の場所は小学校、中学校と移り変わっていきますが、学齢期が終われば小金井市の就労支援の元で福祉的就労につくケースが多いはず。そしていずれは家庭から独立してグループホームに入居することになるでしょう。その時の小金井がこうした子どもたちのニーズを受け止められる地域であるように、私たちはあきらめず、粘り強く活動を続けていきたいものです。子どもたちには年代に応じた支援が必要です。こうしたニーズの地域に伝える発信源として、私たちのゆるやかなつながりの大切さを再認識したひと時になりました。






2015/08/06

いちばん困っているのは、子ども自身

8月2日(日)「この子の困りごとはなんだろう?」ケースカンファレンス①、ひまわりママ(発達にアンバランスのある子どもの親の会)と黄金ネットワーク(障がい児の父親の会)わいわい会(元ぴのきお幼児園保護者OBの会)との共催。学芸大学高橋智研究室、小金井子育て子育ち支援ネットワーク協議会のご協力と小金井市教育委員会の後援で開催しました。これまで様々な子どもの発達支援の専門家をお招きした講演会を企画し、子どもの発達支援を支える行政のあり方などについての議論はしてきました。何回か開催した主催者側の感想として、当事者となる子どもがどのような状態なのか、保護者はどう寄り添えばいいのかなどの視点で掘り下げてみたい思いが今回の企画につながりました。
困りごとをお持ちの母親役のひまわりママスタッフが、その内容をお話しして、そのケースごとに専門家が支援の方法を提案する形で「カンファレンス」を行いました。困りごとの具体的内容は、ひまわりママメンバーの幾人かの事例について、子どもの年代ごとに分かりやすい形に整理し、ケース1「自分のルールを通してまわりとぶつかる子」。ケース2「大人しいけれど苦手が多くてつらいと言えない子」のふたつの事例について、母親が専門家に相談するやりとりを参加者の前で行ったのです。
事前に良く検討した台本を作り、台本に従ってやりとりをしたのですが、事例は実際に起きたことなので会場の参加者がうなずきながら話しを聞く姿が印象的でした。
小金井市で子どもの発達支援に関わる方々9人をパネラーにお招きしてケースごとに支援の提案をしていただきました。
児童発達支援センター「きらり」副センター長 中村悠子さん。同相談支援専門員 岩本久美子さん。幼稚園協会代表として朋愛幼稚園園長 佐々木徳行さん。民間保育園代表としてしんあい保育園園長 茂森ミエさん。小金井市教育委員会指導室総括指導主事 高橋良友さん。同学校教育部学務課 中村 隆さん。社会医学技術学院作業療法課 兵頭洋子さん。放課後デイサービス「おもちゃ箱こがねい」臨床発達支援士 米澤るみさん。東京学芸大学特別ニーズ教育分野教授 高橋 智さんといった方々です。
これらのほとんどの方々が、実際に行政の中で子どもの発達支援に関わっているので、母親役とのやりとりもリアルに出来たわけです。

 第2部では、これまた初めての試みで、事前予約制で参加希望者とパネラーとの個別相談を同じ会場で行いました。
やはりこれも希望者が多く個別相談ブースは常に相談者がいる状況でした。ただ、「きらり」ブースの相談者がいなかったことは意外でした。なぜでしょうかね。想像するに、参加者はすでに「きらり」になんらかの形でつながっていて、その先の支援(つまり就学などの問題)についてを相談されていたのでしょうか。少し気になります。
「きらり」は一時的な相談の受け皿ではありません。一般相談から専門相談に移り、専門相談の中で最適な支援を提供する手立てを提案し、子どもさんの状況の改善や、就学前から中学卒業まで、次のステップに向けた具体的支援が提供されることが当然と考えていましたが、違うのでしょうか。
「きらり」は我が子の育ちに不安を感じた保護者が相談に訪れるわけですから担当者が「話しを聞いておしまい」では困るのです。その先の支援の見通しを示していただかないといけません。
ここは「きらり」の設置を長年望んだ市民の皆さんとの運動により施設の新設を実現させた黄金ネットとしても、しっかりと検証しなければいけない重要なポイントと感じました。

今回の「ケースカンファレンス」は、参加者アンケートなど拝見しても概ね好評でした。隣の部屋を借りて行った福祉作業所のクッキー販売と子どもの困りごとや障がい理解に関連した図書の貸出しも好評でした。ただ、時間の関係から会場の参加者からのご意見や質問をお受けする時間が取れなかったことは今後の改善点です。今回は第2部の個別相談を行いたかったため、意見交換と質問の時間が取れないことを事前にアナウンスさせていただいたのですが、やはり質問したかったとのご意見をいただきました。それだけ参加者にとってリアルな内容だったからでしょうか。次回は改善します。
次回、ケースカンファレンス2では、肢体不自由児と保護者からの「困り」について考える企画の予定です。
2016年(平成28年度)から施行される障がい者差別解消法により、障がい者に対する障がいを理由とした差別が禁止されますが、小金井市における肢体不自由児の現場を知り、適切な支援とは何かについて、参加者の皆さんと考える機会にしたいと思っています。企画が固まり次第ご案内します。


2015/06/17

もっとグループホームを!


黄金ネットワークでは4月から毎月連続「障がい児・者支援セミナーこがねい」を開催中です。障がい児の父親の会として、何か自分たちの知識を広げる自助の取り組みとして、景山会長の強い思い入れで始めた勉強会。今回は6月13日土曜日。テーマは知的障がい者グループホームについてです。
講師は、「小金井市手をつなぐ親の会」を母体とする「NPO法人さくら会」の伊藤耐子理事長をお招きしました。
さくら会は今年4月に法人初のグループホーム「来夢」をオープンしました。平成24年に行ったアンケートで設立希望者が18人いたことから、平成25年にグループホーム(以下GH)設立のための検討委員会を立ち上げ、GHの見学や学習会を重ね、土地探し、建設業者選定から東京都との補助金獲得の手続きなど、GHがオープンするまでの経緯を詳しく伺いました。大々的な告知はしていませんでしたが参加者は約30名と予想以上で、改めてこの問題の関心の高さを感じました。
お話の後、GHの様子を収めたDVDを見せていただき行った質疑応答や意見交換の中で、特に関心が高かったのは費用の問題でした。GH入所にはいくら必要なの? 入居後の家賃は? 障がい者年金の仕組みは? 何歳くらいに入所するのがいいの? GHの運営や職員の体制は?・・・などなど活発な意見が出されました。
やはり、この問題は障がい児者の保護者にとっては大きく、切実な問題なのだなあと実感。年金の制度、成年後見の仕組みなど、関連して学ぶべきテーマは実に多いのだなあとも思った次第です。
次回7月の学習会はお休みですが、8月は地元の小金井市で数々の施設を運営する社会福祉法人「雲柱社」で児童発達支援センターきらり、賀川学園、生活実習所で施設長などをお務めの中村悠子さんを講師にお招きする予定ですので、こちらもご期待ください。


2015/06/03

キッズカーニバル!

 5月31日(日)学芸大学を会場に行われたキッズカーニバルも今年で7回目。市内で子育てに関わる様々な団体の活動展示と発表の場として開催されています。メイン会場の芸術館のステージでのオープニングでは初回からこのビッグイベントを支え続けてきた小金井青年会議所(JC)の村越理事長のご挨拶から。
 会場では、スタンプラリー形式で参加団体のブースをまわる子どもにブースのスタンプを集めてもらい最後にバルーンをプレゼント。子どもを夢中にさせる仕掛けですね。これ。私たちは、児童発達支援センター「きらり」から機能訓練に使う型合わせパズルをお借りしてこれをゲームとし、ゲームをクリアした皆さんにスタンプ!
 当日は2500人といわれる参加者の多さもありましたが、ご覧のようにブースの前には終日ゲームを楽しむご家族の行列ができました。
 ゲームに集中する子どもと、その様子を見守るご家族の暖かい励ましのまなざし。パズルを完成させ目を輝かせる子どもたちの表情にこちらも力をいただきました。ゲームをする子どもの横で障がい児の父親の会としての私たちの活動展示にも目を向けていただくことができました。
 他の団体の活動や展示の工夫はとても参考になりますし、顔見知りが増えていくことも大きなよろこびです。このイベントで出会い、きずなを深めてきた団体さんが初出展し、ブースが賑わっていたこともうれしい出来事でした。


 小金井でこれだけの数の親子を集めるイベントは他にはありません。イベントが市民に浸透し定着した感があります。ただ残念なのは、一部のブース以外では行政職員の姿があまり見えてこなかったこと。イベントを共催している団体は市が事務局としても関わっているわけで、当日の来賓としてだけでなく出展者とともに、もっと汗をかいて企画に参加してもいいのかなと思います。あの大勢の参加者の熱気を肌で感じ取って欲しいよね、という声は以前から聞く声です。
 
 参加者が多くてスタンプ用紙が足らない時間帯もあったのですかね? でもイベント全体としては大成功。イベント当日まで完全なボランティアで、企画と運営をバックヤードで支えたJCメンバーには本当に頭が下がります。素晴らしいイベントに出展者として参加できたこと、大勢の方がブースに立ち寄ってくれたことに改めて感謝です。

2015/05/20

学校って、いったい誰のもの?


 入学を希望すれば全員を受け入れる大空小学校は、不登校ゼロ。自閉症、知的障がい、身体に不自由があっても、みんな同じクラス。そんな大阪の小さな小学校の1年間をつづった話題の映画「みんなの学校」。映画を通して教室や職員室で起きる様々な事件をみんなと一緒に「参観」するこの映画を見ると、学校のあり方や教育の目的は何かという根源的な問題を考えさせられます。映画を見る人の立場の違いにより、映画の受け止め方は人それぞれと思いますが、映画が発する強いメッセージを感じます。
 この映画の自主上映会の実行委員会が小金井市でも立ち上がりました。このたび実行委員のご奮闘によって上映日が決まりましたのでおしらせします。日程は9月4日(金)に。気になる会場は、武蔵小金井駅南口駅前の市民交流センター1F小ホールです。生まれたばかりの実行委員会では、企画の実現に手を貸していただける方や協力団体を絶賛募集中。もちろん黄金ネットワークも協力団体の一つとして、ふかーく関わっていきたいと話し合いをしています。
 また、障がい児と障がい者に関わる団体としては、この映画を多くの方、特に普通学級に子どもを通わせている多くの皆さんに見ていただき、この問題に触れて欲しいと強く願っています。学校教育現場では、まだまだインクルージョンの配慮が足りません。黄金ネットワークとしては、この上映会に連動する形で、子どもたちの最善の利益とは何か
、教育の機会を提供する学校の役割と、学校を取り巻く地域のあり方について、地域の皆さんと考える企画も準備していきたいと構想中です。